大河の石

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
動物愛護団体
動物愛護団体「動物の倫理的扱いを求める人々の会」(PETA)のドイツ支部がベルリン動物園の白熊クヌートが一緒に暮らす従姉妹と近親交配をしないように去勢しろとコメントしたらしい。
動物の権利を保護することを目的とした団体なのに、去勢をしろというそれこそ動物の権利を踏みにじるような発言をするのはどういうことなのか。
NEWSで書かれているだけなので発言の真意は別にあるのか思い、PETAのサイトに行ってみたが日本語版がないので何処に何が書いてあるかすら分からない。

とりあえず、そもそもの問題として、白熊にとって従姉妹との交配は近親交配にあたるのだろうか?
もし、従姉妹との交配が近親交配であり、しかも白熊にとってそれがかなり不自然な行為であるとするならば、従姉妹とは分けて生活をさせ、別の交配相手を探せばよいと思うのだが、どうなんだろうか?

まぁ、地球温暖化対策のためにベジタリアンになれと言ったりする団体なので、そこに意味を求めてはいけないのかもしれないが。
スポンサーサイト
| 社会 | 20:10 | トラックバック:0コメント:0
ゴミの分別
昨日テレビで見たのだが横浜市ではゴミの分別をしない人に罰金を科す条例があるらしい。
当然何度か注意をしてそれでも守らない場合となるのだが、何と言ってもゴミである。
捨てるときに名前を書くなどというシステムが無い以上(ゴミの分別を守らない人間ならきっと名前など書かないだろうが)、どうやって違反者を特定するのかと思ったら、なんとゴミ袋を開けてその中からDM等の名前の入っている物など個人の特定できそうなものを探し出すというのである。
その行動だけ見るとはっきり言って、市の作業服を着たストーカーだ。
基本的に複数名で作業をするのだろうが、もし何かの拍子に一人で作業していたらきっと警察を呼ばれるだろう。
逆に市の作業服のようなものを着てストーカーがゴミあさりをしたら逆に怪しまれないかも。

まぁそんなくだらない話は置いておいて、そもそも何故ゴミの分別を守らない人がそんなに出てくるのかということを考えるべきであって、ゴミを漁ってまでして罰則を与えようとするのがおかしいのである。
市民から見ればゴミの回収というのは行政サービスの一環であり、今まで纏めて捨てて問題の無かったものが、行政側の決め付けで事細かに分別することを要求されるというのは手間が増えるだけであり、それにより何かしらの利点があるわけでもなく、あまつさえ何やかやと税金は上げられる、地球環境だリサイクルだとお題目を並べたところで、守らないかしょうがないから嫌々守るかでしかない。
行政というものは本来罰則など設けなくても大多数の人が自然とルールを守るようなシステムでなければいけない。
その為には当然そのルールに住民の意思が反映していなければいけないし、そのルールの持つ意味を納得してもらわなければいけない。
住民の意思が反映されていて、皆が納得できるようなルールであれば、放って置いてもほとんどの人が守るだろう。
このようなルール作りの仕方をする努力を行政がせずに、自分たちの考えを押し付けるからこそ、守らない人が多く、その為に罰則を作り押さえ込むという無駄なことをすることになるのである。

中国の思想では、理想の政治というのは誰が政治を行っているのかを国民が全く意識しないでも、きちんと平和に収まるような政治である、という考え方がある。
もちろん一種の理想論であるが、いちいちルールを気にしないといけないような現代社会においては、それに近づくような方向性になることが望ましいように思う。
| 社会 | 22:28 | トラックバック:0コメント:0
模倣犯?
秋葉原で今日、警察官がナイフで切りつけられる、というニュースが出ていた。
やはり出たか模倣犯が、と予測をしていたわけでもないのに思いつつ、家に帰って来てからよくよく読んでみると、
20代の男に警察が職質をしたら工具付のツールナイフ 刃渡り7cmを持っていたので、パトカーに乗せようとしたところ、ナイフを取って逃走しようとした為取り押さえられたというもの。
警官の怪我はその時ナイフの刃を持って切ったというもので間が抜けているとしか言いようがない。
そもそも平日の昼間に仕事でもなく秋葉でうろうろしているような20代の男なんて気が弱そうなのばかりである。
そんな奴が基本横柄な警官に職質されただけでもおどおどしそうなのに、普段から持ち歩いているのであろうツールナイフに目を付けられパトカーに乗せられそうになったら、そりゃ恐慌をきたすだろう。
いくら事件直後でピリピリしているとはいえツールナイフぐらいで厳重な態度を取る警察に問題があるのではなかろうか。
| 社会 | 21:43 | トラックバック:0コメント:0
秋葉原 連続通り魔事件
昨日起きた秋葉原での連続通り魔事件、秋葉原というところが無関係ではない私としては、とても人事ではない。
なにより大学の4年間にバイトをしていたところであり、今でもその当時からの知り合いが働いているところであるから。
今のところ知り合いが被害にあったという話は聞いていないが、昨日も仕事だった人も居たはずなので気になるところである。

何故秋葉原だったのかというのは犯人の供述では今のところ特に言われていないが、やはりそこにも理由があったのではないかと思う。
秋葉原というところが最近では色々な意味で非現実的な空気をもっているので、現実的に満たされない人間が集まるようななにかがあるのかもしれないと思ってしまう。
| 社会 | 23:46 | トラックバック:0コメント:0
昨日の日記(殺人のニュース)に関する補足
最近というわけでもないが世の中では個性を出さなければならない、という風潮が強くあるのだが、どうも全般的に個性の発揮=個人の欲望、あえていえば個人の身勝手な欲望の体現という解釈がなされているような気がする。
個性というものは個人の持っている資質であり、通常放って置いても出ているものなので、実際にはそれがある特定の組織団体(会社を含む)にミートするか、その組織が活かせるかというところが問題であり、個人の欲望を表に出しながら一時的に成功した人間を持ち上げるという風潮が間違っていることに気づかない、そして社会的成功を得られない方向にその欲望が行ってしまった人達を異常だとして批判する。こういった違いを認識しているとは思えない人達の薄っぺらい発言が多いように感じるのです。
| 社会 | 00:47 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。