大河の石

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
W杯3戦目 対ブラジル
負けるべくして負けた試合、これ以外の表現は思い浮かばない。
テレビなどでは、日本が先制したからブラジルが本気になった、などと言っているが、はっきり言って関係無い。
日本のディフェンスは最初からミドルレンジでブラジルにフリーで仕事をさせていた、だから点を取られるのは端から時間の問題だったのである。
この試合で唯一良かったのは逆に先制点を取った時で、稲本、アレックス、玉田と少ないタッチ数で素早く組み立てたことと、巻と玉田が素早くスイッチしブラジルのディフェンスを引き離して玉田がフリーで持ち確実に素早くシュートを打ったことで、いままで日本がやらなくては行けないのに出来なかった攻撃が出来たことである。
ディフェンスがもう少ししっかりしていれば、もっと面白い試合になっただろう。
スポンサーサイト
| サッカーとフットサル | 00:58 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。