大河の石

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
交通裁判所
先日書いたとおり今日は交通裁判所に行ってきました。
裁判所に着いたのは9:30過ぎ、簡易裁判所の入り口から入り指定されたところへ行くとそこはどう見ても待合室、9:00受付開始なのだがすでに結構人がいる。
とりあえず受け付けのようなところで呼出状を渡すと、呼ばれるまで待ってくれ、と言われたので座って待つことに。ただ、いつもなら本を持って歩いているので待たされるのも平気なのだが、今日はこんな風に待たされるとは思っていなかった為何も持って行っておらず、暇やなぁと思っていたのだが10分程度で名前を呼ばれ横にある部屋の中へ。
部屋の中には折りたたみ式の机が3,4個横に並べてあり、おそらく担当ごとに分かれているのであろう検察官(たぶん)の人たちが4人座っていた。
部屋に入ると担当の検察官(たぶん)に呼ばれ、警察に行って作成した供述調書を見せられ間違いがないことを確認、その後に略式裁判で行うが問題ないか聞かれ、赤切符裏面の申述書に署名捺印をし終了。
後は裁判官がその書類を見て罰金を決めるのを待つだけ。
私の場合初犯であり一般道での時速30kmオーバーと、比較的ありがちなパターンなので判例に照らしていくらとすぐに決まるかと思いきや、1時間弱も待たされ渡されたのは処理した番号と金額日付、担当者の名前がが判子で押された赤切符のみ、それを受付に渡し罰金を払うとその紙が返され領収書が発行されて終了。
ちなみに私の払った罰金は6万円でした。
| 日常 | 23:31 | トラックバック:0コメント:0
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。