大河の石

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
財政赤字
毎年のように財政赤字が叫ばれて久しい日本、そのたびに行政サービスの質を低下させない為、必要な行政サービスをする為にと増税が訴えられるが、財政というものは本来、今ある金をその範囲内でいかに効率よく効果的に運営するかというのが大事なはずなのだが、日本の財政はそのような考え方によって運営されているようにはとても見えない。
税金というものはかなりの確率で収入を計算が出来るものである、なのに何故財政赤字になるのか、収入以上に使い続けるからである。
基本的に現在行われているプロジェクトやサービスは必要じゃなくてもやめない、そこには予算があるから。
そして新たにプロジェクトを立ち上げる、予算が掛かろうが何しようが達成できるように。
お役所はプロジェクトを達成したという結果が必要なので、当然予算の範囲は超えないようにだが金に糸目は付けない印象がある。
なので安く抑えるために工夫をする、効果が薄いと分かったら途中でやめるというようなこともしなければ、現在進行中のプロジェクトやサービスを低予算で出来るようにしたり、無駄であるならばやめるということもしていないと思う。
何かというと国債を発行して赤字を増やしたり増税したりと言う前に、まずは決まっている収入で上手く工夫しながらやっていくという当たり前のことをして欲しいものである。
そうしなければいくら借金しようが増税しようが結局足らなくなるのは目に見えている。
スポンサーサイト
| 政治 | 00:30 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。