大河の石

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
日本対オーストラリア
0対0の引き分けで終わった日本対オーストラリア。
今日のスポーツ記事にはお決まりの決定力不足の文字。
だが昨日の試合でFWを責めるのは筋違いもいいところである。
そもそも日本の得点力が低いのは決定力の問題ではなく、攻撃の展開速度が遅いことによる。
ダラダラとパスを廻しながらジリジリと攻め上がっていく日本の攻撃は、相手が守りを固める時間を十分に与えてしまう。
ある程度のレベルの相手がゴール前を固めたら、強豪チームでもそう簡単に破れるものではない。
しかも日本の場合相手が引いているにもかかわらず、ゴール前にかける人数はほぼ一定。
昨日の試合でもゴール前はFW二人対相手五人という状況ばかり、これでFWに点を取れというのは酷である。
しかも後ろで変なパスミスは連発するし、相手コートに入ったところでダラダラ廻して前線にボールが来ないため、自分で下がってボールを貰いに行かなければ前に展開が出来ない。
どう考えてもFWが点を取れる要素が無い。
この辺を監督がどうにかしなければならないのだが、いままで監督が変わってもこの習性は変わらないところを見ると、これが日本の今のレベルなのかと思ってしまう。
スポンサーサイト
| サッカーとフットサル | 23:59 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム | 次ページ

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。