大河の石

球技大会 | main | GWの行動 其の弐 友達の結婚式 壱 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
GWの行動 其の参 友達の結婚式 弐
私が出た大学は2部、いわゆる夜間なのだが、夜間の学生の中には社会人で会社からの援助や協力の下で通っている人がいくらかいる。
GW中2回目の結婚式は大学時代の友達で社会人で大学に通っていた人で、卒業後も帰省したときは大学の友達を集めて一緒に呑んでいる人だ。
結婚式と言ってもこっちは2次会のみの参加で、開始も夜8時からと遅かったせいもあり、私は前日というか当日の朝5時まで呑んでいた。
2次会には大学時代の友達5人が参加、会場の最寄駅に19時に集合しダラダラとお互いの近況など喋りながら会場へ。
受付のところで籤が配られたのだが、番号は1番、この時点でこの日に行われるであろう籤引きの外れは9割がた確定。
会場はいわゆる式場で、その中のパーティー用の部屋なのだが結構大きめのテラスがあり雰囲気の良いところである。
開始時間となり新郎新婦の入場、入り口の扉がライトアップされ皆がそこに注目する中、突如テラスのところのガラス窓にかかっていたカーテンが開きそこから新郎新婦登場、しかも何故か二人ともカメラを持って写真撮りまくり、林家ペー、パー子か!
ちなみに新婦のカメラはデジタル一眼で、席で話をしている新郎を置いて主役なのにあちこ動き回っては写真を撮っていた。
ちなみにこの日の参加者は、新郎主催で新婦も参加しているサークルのメンバーと、新郎の会社関係の人間がほとんどで我々は平均年齢をかなり下げていた。
あとは順調に会は進み、新郎新婦がプロポーズと誓いのキスの再現をさせられたり、籤引きで予想通り外れたり、新婦のお姉さんとお母さんからの手紙が読まれ新婦が泣いたりと平穏無事に終了。
新郎とはあまりゆっくり話せなかったがイベントごとが少なかった分、大学時代の友達とはゆっくり話せたのでよかった。
ただ、友達の一人は若い女の子(少なくとも我々と同じぐらいの年齢)が居なかったのが非常に不満ではあったようだが。
スポンサーサイト
| 日常 | 00:17 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://heartlessness.blog19.fc2.com/tb.php/164-5108cf4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。