大河の石

後味 | main | 思考「自己満足」
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
追突
深夜2:00すぎ予想外にカーブの多い峠を、多少集中力が減ってきた状態で走っていた。出発してから2時間弱、ほとんどノンストップでのドライブである。
カーブが緩くなってきてほぼ下り終えた時、左側に有料道路の料金所が見えた。今越えてきた峠を貫通するトンネルが有料道路になっており、そことの合流地点を過ぎた。
時速70km程度で通り過ぎたその時、ガードレールを越えて何かが飛び出してきた、生き物であること以外何も確認できないまま激突、大きな衝撃が伝わってくる。
前を見て、今飛び出してきたのは人間かと考えつつ、引きずっていない事を感覚で確認しながら停車、その時には人ではない可能性のほうが高いという考えになっていた。
車を降りて追突した辺りを見ると何もいない。
そして山からは獣の悲痛な鳴き声が聞こえてくる。
大きな音に心配した料金所の方に聞いたところ、その辺りには鹿がよく出るということで、追突する前に下から上がってくる鹿を目撃した人もおり、恐らくその鹿をはねたのだろう。
後味の悪さと、走行上問題はないが左前方の破損だけが残った。
スポンサーサイト
| 日常 | 23:44 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://heartlessness.blog19.fc2.com/tb.php/17-3198ffb0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。