大河の石

読書 | main | 模倣犯?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ゴミの分別
昨日テレビで見たのだが横浜市ではゴミの分別をしない人に罰金を科す条例があるらしい。
当然何度か注意をしてそれでも守らない場合となるのだが、何と言ってもゴミである。
捨てるときに名前を書くなどというシステムが無い以上(ゴミの分別を守らない人間ならきっと名前など書かないだろうが)、どうやって違反者を特定するのかと思ったら、なんとゴミ袋を開けてその中からDM等の名前の入っている物など個人の特定できそうなものを探し出すというのである。
その行動だけ見るとはっきり言って、市の作業服を着たストーカーだ。
基本的に複数名で作業をするのだろうが、もし何かの拍子に一人で作業していたらきっと警察を呼ばれるだろう。
逆に市の作業服のようなものを着てストーカーがゴミあさりをしたら逆に怪しまれないかも。

まぁそんなくだらない話は置いておいて、そもそも何故ゴミの分別を守らない人がそんなに出てくるのかということを考えるべきであって、ゴミを漁ってまでして罰則を与えようとするのがおかしいのである。
市民から見ればゴミの回収というのは行政サービスの一環であり、今まで纏めて捨てて問題の無かったものが、行政側の決め付けで事細かに分別することを要求されるというのは手間が増えるだけであり、それにより何かしらの利点があるわけでもなく、あまつさえ何やかやと税金は上げられる、地球環境だリサイクルだとお題目を並べたところで、守らないかしょうがないから嫌々守るかでしかない。
行政というものは本来罰則など設けなくても大多数の人が自然とルールを守るようなシステムでなければいけない。
その為には当然そのルールに住民の意思が反映していなければいけないし、そのルールの持つ意味を納得してもらわなければいけない。
住民の意思が反映されていて、皆が納得できるようなルールであれば、放って置いてもほとんどの人が守るだろう。
このようなルール作りの仕方をする努力を行政がせずに、自分たちの考えを押し付けるからこそ、守らない人が多く、その為に罰則を作り押さえ込むという無駄なことをすることになるのである。

中国の思想では、理想の政治というのは誰が政治を行っているのかを国民が全く意識しないでも、きちんと平和に収まるような政治である、という考え方がある。
もちろん一種の理想論であるが、いちいちルールを気にしないといけないような現代社会においては、それに近づくような方向性になることが望ましいように思う。
スポンサーサイト
| 社会 | 22:28 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://heartlessness.blog19.fc2.com/tb.php/170-54881c63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。