大河の石

思考「存在の力」 | main | 追突
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
後味
鹿を撥ねた時、申し訳なさと罪の意識と後味の悪さを感じていた。
しかし、すでに自分の中に後味の悪さが多少残っている程度で、後の感情はもうほとんど残っていない。
元々、物にしろ感情にしろ執着心が薄い方なので、後々まで引きずる事はあまりないのだが、ここまで薄いと人を撥ねた時でさえ罪の意識を引きづらないのではないかと思う。
スポンサーサイト
| 日常 | 00:58 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://heartlessness.blog19.fc2.com/tb.php/18-fa43dccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。