大河の石

帰ると戻る | main | 千葉県のロゴ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
自殺予告の結末
文科省に送られた11日の自殺を予告する手紙だが、その後何通も同様の手紙が文科省に送られる結果とはなったが、予告どおりの自殺が行われた形跡も、模倣者による自殺も確認されていない。
しかし、その間にもいじめ及びそれに関する事柄での自殺者は次々と出ており、一部では自殺予告による影響によって自殺を決意した人もいるだろうという話もある。
しかも最初に自殺の予告をした人間は、再び文科省に文書を送り教師達が何もしていないという批判を行い、またも自殺を仄めかしているようだ。
この人物は本気か嘘かは知らないが、これだけの騒ぎを起こしたことには何も感じず、自分を助けてくれないことが悪いかのような論調で文章を書く、その神経はとてもじゃないが理解できない。
最初はいじめに関して考える機会を与えたという意味で、その行動を肯定的に見る事もできたが、これでは逆効果である。
スポンサーサイト
| 社会 | 23:01 | トラックバック:1コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://heartlessness.blog19.fc2.com/tb.php/84-8a074db6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
ネット自殺予告、救った命40人 2006年、警察庁まとめ
ネット自殺予告、救った命40人 2006年、警察庁まとめ2007年03月15日11時27分昨年1年間にインターネット上などへ自殺予告を書き込んだことが確認された79人のうち、警察と接続業者の連携で40人が保護に結びついた。警察庁の調査で15日明らかになったもので、自殺を防げなか
| スーパーサイヤ人 | 2007.03.15 Thu 13:07
| ホーム |

プロフィール

孤流

  • Author:孤流
  • FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。